ソリューションハブ

ESPERiCには 図1に示す様に 大きく3つのソリューションがあります。これら全体をESPERiC Hub(ソリューションハブ)と呼びます。

1.SDC V3(青色)
2.JUPYTER(黄色)
3.GEAR API(緑色)

GUIでビッグデータをハンドリング
REPLでビッグデータをハンドリング
APIでビッグデータをハンドリング

図1 ESPERiC 3つのソリューション

ESPERiC Hubは、インメモリ・ カラムナー技術の独自アルゴリズムで超高速に最大20億行のビッグデータを扱うことができるESPERiC Engineを中核として、軽量プログラミング言語 PythonでEngine APIをラッピングしたESPERiC Gear 、そのESPERiC Gearを使用して構築したSuper DataChef V3(GUI)で構成されています。

ESPERiC Gear(Python API)はJupyter Notebook/Jupyter Labから使用できます。これにより、データ分析の前処理の高速化やデータの視覚化、オープンソースの分析アルゴリズムとの併用など、より高度な分析処理が実現できます。また、外部データと連携を行うSpoke機能の開発も可能です。

ESPERiC Gear-Rest(ESPERiC Gear APIのWebサービス)を使用してカスタムメイド・オーダーメイドアプリが開発できます。プログラミング言語はJava、C++、Pythonなど様々な言語が使用できます。

ページ上部へ戻る