JUPYTER

Jupyter Notebook/Jupyter Labは多くのデーターサイエンティストが使⽤しているデータ分析⽤ツールです。REPL (Read-Eval-Print Loop) と呼ばれる方法でESPERiCを対話型で実行できます。また、ノートブックと呼ばれるドキュメントを作成し、プログラムの記述と実行、メモの作成、保存と共有などをWebブラウザーで行うことができます。ESPERiCとオープンソースのPythonライブラリと併用することでデータを視覚化できます。

図1 Jupyter Labの使用例

Jupyter Notebook/Jupyter Labで外部データと連携を行うSpoke機能の開発も可能です。図2はRESAS(地域経済分析システム)からデータを取得する例です。この様に外部のオープンデータを取込み自社のデータと組合せて分析や予測が可能になります。

図2 RESASからのデータ取得例
ページ上部へ戻る